世界でただ1つのハワイアンジュエリーと出合うために

プルメリアやハイビスカス、波や海亀などの好きなモチーフやメッセージを彫りこんだハワイアンジュエリーは、世界でたった一つだけのジュエリーとして多くの人から愛されています。
親から子へ代々受け継がれていく伝統あるジュエリーなので、お守りのような存在としても大切に扱われているハワイアンジュエリー。生涯ずっと一緒に時間を過ごすジュエリーには、これから多くの思い出が刻まれていくことでしょう。
一生もののハワイアンジュエリーを作るなら、ブランド選びから慎重にしたいものです。質の良さや使用している素材、アフターケアなどを比較して、大満足のオーダーメイドハワイアンジュエリーを作れるブランドを見つけてください。

ハワイアンジュエリーの指輪画像

Photo by: ISLANDS

人気のデザインはコレ!ハワイアンジュエリーCatalog

ハワイアンジュエリーの伝統的なアイテムと言えばメッセージを刻んだブレスレットですが、今はたくさんの種類のジュエリーが販売されています。リングやネックレス、ピアス、イニシャルなど、好きなアイテムを好きなデザインで作れるのがハワイアンジュエリーの魅力。カップルに人気の結婚指輪をはじめ、さまざまなデザインの中から好きなものを選びましょう。

結婚指輪・婚約指輪

愛の言葉を刻んだハワイアンジュエリーで2人の永遠を誓う

1つひとつハンドメイドで作られるハワイアンジュエリーは、愛する二人だけが持つ特別な結婚指輪としてもおすすめのジュエリーです。愛を誓い合うメッセージを刻んだり宝石をあしらったりと、こだわりを反映させた結婚指輪は、一生ものの宝物になるはず。繊細で美しい彫りやデザインに注目しながら、クオリティの高い結婚指輪を作りましょう。

結婚指輪・婚約指輪

Photo by: ISLANDS

結婚指輪・婚約指輪のデザインを見る >>

リング

リングPhoto by: ISLANDS
ずっと身に付けていられるリングはお気に入りのデザインを選びたいもの。シンプルなもの華やかなもの、自分らしさを主張できるデザインが揃っています。 リング>

ネックレス・ペンダント

ネックレス・ペンダントPhoto by: ISLANDS
胸もとのアクセントになるネックレス。細かな彫りを施すハワイアンジュエリーは小ぶりでも華やか。デザイン次第でカジュアルにもフェミニンにもなります。 ネックレス・ペンダント>

バングル・ブレスレット

バングル・ブレスレットPhoto by: ISLANDS
ハワイアンジュエリーの始まりがブレスレットのため、ブレスレットは定番商品として愛されています。自然をモチーフにしたデザインが特に人気です。 ブレスレット>

ピアス・イヤリング

ピアス・イヤリングPhoto by: ISLANDS
主に女性用に作られているピアスは、顔まわりのワンポイントとして重宝するアイテムです。プルメリアやハイビスカスなど花のモチーフは女性らしい可愛らしさがあり、人気です。ピアス・イアリング>

イニシャル

イニシャルPhoto by: ISLANDS
イニシャルをモチーフにしたデザインは男女ともに人気があります。繊細な彫りを施すことでハワイアンジュエリーらしい雰囲気に。特にネックレスで使われることが多く、重ね付けも映えます。イニシャル>

メンズアクセ

メンズPhoto by: ISLANDS
ハワイアンジュエリーは女性だけでなく、男性にも人気のモチーフが揃っています。クロスなどのシンプルなものは身に付けやすく、デザイン次第で自分らしさを表現できるのが魅力です。メンズアクセ>

ペアリング

ペアリングPhoto by: ISLANDS
カップルや夫婦、親友同士にぴったりのペアリング。刻む言葉で口にはしづらい想いも相手に伝えやすく、想いを共有することができます。デザインは男女で少し変えているものが多いです。ペアリング>

ハワイアンジュエリーのルーツ

ヴィクトリア女王が生涯身に付けたハワイアンジュエリー ハワイアンジュエリーのルーツは、イギリス王室とハワイ王朝の深い繋がりから始まっています。
当時イギリスのヴィクトリア女王の夫であるアルバート公が亡くなった際に、彼を想って女王が特別に喪中用のブレスレットを作り、生涯身に付けました。
その後ハワイ王朝のリリウオカラニ女王も「ホオマナオ・マウ(永遠の思い出)」と刻んだブレスレットを作り、自ら身に付けるだけでなく大切な人への贈り物にしました。
やがてハワイではモチーフやメッセージを刻んだハワイアンジュエリーを、親から子へと受け継がれていく伝統が定着したと言います。

ハワイアンジュエリーの歴史>>

ハワイアンジュエリーのモチーフに込められた意味

全てのモチーフに意味があるハワイアンジュエリーハワイアンジュエリーは組み合わせるモチーフによって、さまざまなメッセージや願いをアイテムに込めることができます。モチーフにはハワイを代表する花であるプルメリアやモンステラ、マイレなどの植物モチーフや、ホヌやドルフィンといった動物モチーフ、波やバレルなどのその他モチーフがあります。

例えば波が持つ「永遠に続く愛」と言う意味にプルメリアの「恵まれた人」と言う意味を組み合わせることで、二人で暖かく愛に恵まれた家庭を築けますように、という結婚指輪にもふさわしいジュエリーができあがります。海の守り神であるホヌ(海亀)に波を合わせれば、海の中でゆったりと泳ぐ自然豊かなハワイを思い浮かべるジュエリーにもなります。

数多くあるモチーフのなかでも人気なのは波を意味する「スクロール」や、ハワイらしい可憐な花「プルメリア」です。身に付けるだけで華やかな気分になれるので、女性にはとてもおすすめ。結婚指輪を選ぶなら“神聖なる結びつき”という意味をもった「マイレ」が良いでしょう。二人の愛をしっかりと結び付けて、永遠の愛を誓います。お気に入りのモチーフは1つだけでなくいくつ組み合わせても良いので、自分だけのオリジナル感を演出してハワイアンジュエリーを楽しんでください。 ハワイアンジュエリーのモチーフに込められた意味>>

ハワイアンジュエリーの選び方

ハワイアンジュエリーを選ぶ際に見るべきポイントはデザインだけではありません。素材やリング形状、製造方法などのチェックポイントをご紹介しますので、ジュエリー選びの際のひとつの参考にしてみてください。

素材

シルバー

価格が手頃なため、重みのあるボリューミーなデザインも楽しめるのが魅力のシルバー。カジュアルアクセサリーとして普段使いするにはうってつけです。時間の経過と共に黒ずみが出て来やすいという弱点がありますが、エスニックな彫刻の施されたハワイアンジュエリーではその風合いが逆に渋い雰囲気を醸し出すことも。黒ずみはシルバークリーナーなどでケアすればある程度防ぐことができます。また、金属アレルギーが起こりやすいのでアレルギー体質の方は避けたほうがいいでしょう。

ゴールド

独特の高級感があり、目を惹きつける華やかなゴールドは、日本人に一番似合う色と言われています。イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、グリーンゴールドといったカラーバリエーションもあり、選ぶ楽しみが大きい素材。バイカラーリング・トライカラーリングでもよく使われています。化学的に安定した素材のため、シルバーに比べれば変色やアレルギーといったトラブルも起こりづらい点もポイントです。

プラチナ

プラチナは長い時間を経ても変色・錆・変形がほとんど起こらず、金属アレルギーも起こりづらいので、何十年も身につける結婚指輪で定番の素材です。なんといっても「ジュエリーといえばプラチナ」という高級感があり、その優美な輝きは時代を超える美しさ。ただし繊細な彫刻をふんだんに取り入れるハワイアンジュエリーでは、硬度のあるプラチナよりもシルバーやゴールドのほうが彫刻しやすく綺麗に仕上がる場合もあるので、現物サンプルを見て比較できると安心です。

リングの形状

バレルタイプ

断面がカマボコ型(半円形)となったリングで、平べったい樽(バレル)に見立ててバレル型と呼ばれています。「樽の中に夢や想いを詰め込む」という意味も込められています。膨らみを帯びた立体的なそのフォルムは、細くても独特の存在感を放ちます。エッジが丸められているので指あたりが良く、普段使いもしやすいです。

フラットタイプ

フラットな板をくるりと丸めたようなシンプルなスタイルのリングで、ストレートタイプとも呼ばれています。スッキリとした印象のため、幅広のリングでもスタイリッシュに見せてくれます。縁のほうまでたっぷりと彫刻を施すことができるため、モチーフに込めた意味を重視したい方にはおすすめの形状です。

技法

正統派のハワイアンジュエリーは、電動マシンによって掘り進める「洋彫り」という技法を用いて作られます。しかし、日本国内でハワイアンジュエリーを取り扱うジュエラーには、「洋彫り」ではなく「和彫り」の技法で作っているところもあります。「和彫り」とは、小型の刃物を金属に当て、金槌で叩いて掘り進める技法のこと。

同じモチーフのジュエリーでも、技法や職人が違えば表情が変わってきます。「和彫り」の技法で作られたハワイアンジュエリーも美しいのですが、「洋彫り」で作られた本物のハワイアンジュエリーと並べて見てみるとやはりその違いは歴然です。ハワイの道具を使用しているかどうか、ハワイ現地の職人のハンドメイドかどうかはチェックしておいたほうが良いでしょう。

アフターサポート

ジュエリーは生涯にわたって何年も使い続けるもの。特にハワイアンジュエリーは、歴史的に見れば親から子や孫へと代々受け継がれていくものとして親しまれてきました。だからこそ、ハワイアンジュエリーを選ぶ際はアフターサポートが充実しているかどうかは大切なチェックポイント。サイズ直しや、磨き直しによる小キズの修復はもちろんのこと、模様の修復をしてくれるかどうかも確認しておきましょう。

厚みのある彫刻が施されたハワイアンジュエリーは、使い続けることによって模様がすり減って見えなくなることがあります。こういった修復を10年後、20年後受けられるかどうかは、ジュエリー自体の価値に大きく関わってくることでしょう。

ハワイアンジュエリーブランド一覧

ハワイアンジュエリーを展開しているブランド一覧を紹介します。それぞれのブランドの特徴、質の良さ、使用している素材などを見極めながら、自分だけのハワイアンジュエリーをオーダーしましょう。

 

[免責事項]
このサイトは個人が調査した内容を基に作成しております。
商品についてなど、最新情報は各社HPを参照してください。

PAGETOP