ハワイアンジュエリーNavi » ハワイアンジュエリーの歴史

ハワイアンジュエリーの歴史

ハワイアンジュエリーはどこから誕生したのか、現代のハワイアンジュエリーに繋がる歴史について詳しく紹介します。

ハワイアンジュエリーの起源は19世紀半ば

ハワイアンジュエリーの起源は19世紀の半ば、英国ヴィクトリア王朝時代になります。

ヴィクトリア女王は夫であるアルバート公が亡くなったのち、以後一生喪服で過ごすほど深い愛情をもっていました。喪服用のジュエリーとしてスクロール模様の黒いブレスレットを特別に作らせました。このジュエリーがヴィクトリアンジュエリーと呼ばれ、ハワイアンジュエリーの原型となります。

のちにハワイ王朝でハワイアンジュエリーとして確立

当時英国と親交が深かったハワイ王朝ではリリウオカラニ女王がヴィクトリアンジュエリーに魅了されて、自らも王子との想い出を託した「ホオマナオ・マウ(永遠の思い出)」と刻んだブレスレットを製作し、生涯身に付けることにします。

また大切な恩師である方へのプレゼントにも同じようにメッセージを彫ったブレスレットを贈りました。この時恩師が校長をしていた女学校で同じようにブレスレットを作って贈ることが評判となり、贈り物の定番としてハワイに広がることとなります。

やがて両親から子への贈り物としても使われるようになり、親から子世代へ受け継がれていく大切なジュエリーとしてハワイアンジュエリーが確立されました。

現代のハワイアンジュエリーは

ハワイアンジュエリーは正式には「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」と呼ばれ、代々受け継がれる家宝になっています。ハワイでは子供が生まれるとその子の名前を彫ったブレスレットを作り、手首を飾る女性が多くいます。子どもが女の子の場合は成人したらプレゼントし、男の子の場合は大人になって連れてきたフィアンセへプレゼントします。

たくさんの思い出が詰まったハワイアンジュエリー。多くの人々から愛されて受け継がれていく、その理由を歴史から学ぶとより深くジュエリーの魅力を実感できるはずです。

[免責事項]
このサイトは個人が調査した内容を基に作成しております。
商品についてなど、最新情報は各社HPを参照してください。

PAGETOP