動物のモチーフ

ホヌ、ドルフィン、ホエールテイルなどハワイアンジュエリーのなかでも動物モチーフのものについて、込められた想いや意味を紹介します。

ハワイアンジュエリーの動物モチーフに込められた想いとは?

ハワイアンジュエリーでは植物や動物、波、魚など、さまざまなモチーフが使われています。それぞれのモチーフには意味があるため、自身の想いとぴったり合うモチーフを選んでジュエリーに使うことで幸せを呼び寄せることができます。

ハワイらしいプルメリアやスクロールなども人気ですが、ホヌ(海亀)を始めとする動物モチーフも人気があります。動物モチーフにはそれぞれがもつ意味はもちろん、そのモチーフ自体に可愛さがあるのが特徴です。身に付けるたけでワクワクするような気分を味わいたい方にもぴったりではないでしょうか。

動物モチーフにはそれぞれどのような意味が込められているのかを知ると、よりジュエリーへの愛着も増すはず。ここではハワイアンジュエリーの各動物モチーフについて込められた意味を紹介していきます。

ホヌ

ハワイではウミガメをホヌと呼んでいます。ホヌは海の守り神であり、神聖な生き物です。1000分の1の確率でしか生き延びることができないため、ハワイではホヌをとても大切にしています。

自然と調和して暮らしているハワイアンにとってはホヌのモチーフは幸運を呼び寄せるパワーがあるとして、お守り代わりに身に付けている方も多くいます。ホヌのモチーフを身に付けるのはごく自然なため、ハワイアンジュエリーでもホヌが多く使われています。

ホエールテイル

ホエールテイルはクジラのしっぽだけのモチーフです。ハワイでは昔からクジラに出会うと幸せになれると言い伝えられていて、ホエールテイルには「幸運」や「ラッキー」という意味が込められています。

ホエールテイルは水中に潜る時にちょこんと飛び出た状態のしっぽを表したものなので、他のモチーフに比べると若干寂しい漢字がするかもしれませんが、実は持っている方も多く人気があるモチーフです。

ドルフィン

ドルフィンはハワイ語でnai'a(ナイア)と呼びます。ネイティブハワイアンが持つ祖先神・守護神をアウマクアと言いますが、そのアウマクアの一つとしてドルフィンはハワイの人々に大切にされてきました。

そのためドルフィンのモチーフは幸運を呼ぶ使者であり、一般的には恋愛運を高めるためにも使われています。また、ドルフィンのモチーフには可愛さがあり、身に付けるだけで幸せな気分になれるのが魅力です。

[免責事項]
このサイトは個人が調査した内容を基に作成しております。
商品についてなど、最新情報は各社HPを参照してください。

PAGETOP