植物のモチーフ

ハワイアンジュエリーのなかでもプルメリア、ハイビスカス、マイレ、モンステラ、パイナップルといった花や植物のモチーフについて、意味を紹介します。

ハワイアンジュエリーの植物モチーフに込められた想いとは?

ハワイアンジュエリーに刻まれるモチーフには、それぞれ特別な意味が含まれています。花や波、海亀など、一つ一つのモチーフの意味を知ると、もっとハワイアンジュエリーが好きになること間違いなしです。自分の想いとぴったりのモチーフを探して、世界に一つだけのオリジナルジュエリーを作ってみては。ここでは花や植物のモチーフの意味を紹介します。

プルメリア

ハワイでたくさん咲きほこる白くて可憐な花です。甘く優しい香りを放つプルメリアは神が宿る神聖な花と言われています。「気品」「魅力」「親愛」といった花言葉があり、プルメリアを身に付けると魅力的になれると言われています。多くの人から幸せの象徴として愛されているモチーフなので、ハワイアンジュエリーや髪飾りなどでも好まれてよく使われています。

ハイビスカス

トロピカルなイメージのハイビスカスはハワイを代表する花として親しまれています。“神に捧げる花”という意味をもち、「上品な美しさ」「新しい恋」「信頼」「繊細な美」といった花言葉があります。これから新しい恋をしたい、チャンスが欲しいと望んでいる方にぴったりです。

マイレ

マイレは「平和」や「縁結び」という意味をもつ葉っぱのモチーフです。大切な人とのつながりを表し、結婚式では新郎新婦の手を結んで“永遠の繋がり“や”申請なる結びつき“を表現します。ペアで身に付けるのにもふさわしく、結婚指輪や婚約指輪にもおすすめの人気モチーフです。

モンステラ

葉の合間からこぼれる光が、希望の道を照らす光と言われているため、幸運の葉として好まれています。花言葉は「壮大な計画」や「深い関係」。鮮やかなグリーンや大きな切れ込みが入ったユニークな葉の形が南国らしく、キルトモチーフやインテリアなどでもよく使われています

パイナップル

パイナップルは太陽や大地の恵みであり、富と財運を象徴するモチーフです。ハワイアンのおもてなし(アロハ)の心を象徴するシンボルでもあるため、ハワイアンキルトや置物等の雑貨にもよく取り入れられます。金運アップや繁栄祈願にも使われます。

[免責事項]
このサイトは個人が調査した内容を基に作成しております。
商品についてなど、最新情報は各社HPを参照してください。

PAGETOP